スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- | スポンサー広告 | page top↑
『ガリレオ』で読書嫌いが直った!
2007 / 11 / 07 ( Wed )
↑雑誌によくある怪しい宣伝広告風に。(^^;)


ドラマ『ガリレオ』すでに4話まで終わりましたが、なかなかの満足度で楽しんで見ています。湯川先生の無駄なかっこよさ(笑)はさることながら、栗林助手がいいキャラで好きです(^^)。年下の湯川先生に論文無視されたりフルボッコにされたり、不憫でならない(笑)。でも謎解きにちょっとだけ貢献してたり。栗林のスピンアウトが見たいなぁ。

普段、ドラマはほとんど見ないし原作も知らなかったんですが、今回福山さんが主演ということで気になりました。と言っても福山さんのファンと言うほどでもないんですが・・・。“好きな芸能人は?”と聞かれて、便宜的に答える程度、ですかね。(特別好きな芸能人はいないので) CDも最近買いました。中古で。(^^;) ひとつだけ取っかかりがあるとすれば、私が福山市出身ってことでしょう(笑)。
原作も、普段小説は全く読まないんですが天才物理学者が主人公ということでおもしろそうだなぁと思って、『探偵ガリレオ』を手に取ってみました。一話一話が割と短めだし内容もおもしろく、読書嫌いの私でも難なく読めました。と同時に、“自分、けっこう小説読めるんじゃん”と驚きました。勢いは止まらず、『予知夢』も続けて読みました。

読書嫌いの原因は、子供の頃の「読書感想文」じゃないかと思います。夏休みの宿題で必ずありますよね。あれを書くのが嫌で嫌でたまりませんでした。そんなに何枚も書けねーよ、みたいな。それがずっと続いていて、読書嫌いというか、活字嫌い(雑誌の記事とか読むのも嫌)でした。

ガリレオシリーズ読後、意外と読めるもんだなぁと思って、古本屋で見つけた『本因坊殺人事件』を読んでみました。内容は省きますが、続きが気になって気になって、ちょっと厚めですが、半分以降は一気に読んでしまいました。

ただ、この『本因坊殺人事件』もガリレオシリーズも、読んでいるうちはとてもおもしろかったんですが、読後があまり気持ちのいいものではありませんでした。これは、小説の中とはいえ、人が殺されているからでしょう。トリックは解決してすっきりするけど、人は当然ですが生き返らない。“殺人”にすっきりせず、モヤモヤしてしまいました。ミステリー小説は自分には合わないのかな。

このあと、『容疑者Xの献身』(ガリレオシリーズ長編。映画化決定。でもやっぱり読後はモヤモヤ(苦笑))、『博士の愛した数式』(数学者つながりで)を読みましたが、そのあと何を読もうか悩んでいます。小説……有名な人……村上春樹かな、と思って本屋でパラパラッとめくってみましたが、字が多い!!……そっと棚に戻しました。(^_^;) うーむどうしよう。これはやはり『はじめての文学シリーズ』からはじめてみるべきか。
初心者でも読めそうな、おすすめがあったら教えてください。

とりあえず、読書嫌いは少しは解消されたようです。
スポンサーサイト
23 : 51 | 雑談 | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。